HOME > ブログ > 小児科医の裏側

小児科医の裏側

診療を離れて、体験したこと感じたことを綴ります。
<< 被災地のこども達に本を送ろう2 | main | ジテツウ始めました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
被災地のこども達に本を送ろう3
 皆さんにご協力いただいた本ですが、4月26日の時点で、1046冊になりました。
すごーい!!まんまるんの部屋は倉庫状態です。
今日は母乳相談外来が久し振りにありましたが、来てくださっている助産師さんが、本を見て「文庫を始めるんですか」と言うぐらい山積みになっています。

当初は4月29日に徳島大学の医療系の学生さんが石巻に持っていく予定でしたが、
これだけたくさんの本を一度の送るにも、受け取り側の都合もあるだろうとのこととなりました。とりあえずは、現地の状況を確認してから送ることになりました。

29日から現地に学生さん達がボランティアに入りますが、
避難所で絵本の読み聞かせだけでもしてこようと言うことになり、
本日たくさんの中から、十数冊を選んで持っていきました。
何が、向こうのこども達の琴線に触れるかわからないので、オーソドックスな昔話と
それから折り紙の本も入れてもらいました。

6日にはボランティアから帰ってくるそうなので、報告を楽しみに待ちたいと思います。
今回ボランティアで参加する学生は、徳島大学の医学部生が中心ですが、彼らがネットワークに流したところ、愛媛大学や香川大学、島根大学の医学生達も参加することとなり、総勢30名前後になったとか。後輩達もなかなかやるなと感心した次第です。

本を送るのが少し延びましたので、5月7日まで引き続き集めていますので、よろしかったら周りに伝えてくださったら助かります。
よろしくお願いします。
| ボランティア | 21:28 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:28 | - | - | pookmark |
子供たちが読まなくなった本を被災地に送りたいと思っておりました。
直接、そちらの住所に宅急便で送ってもよろしいのでしょうか。
| tanioka | 2011/05/03 2:32 PM |









http://lifetree.jugem.jp/trackback/58
▲ページの先頭へ
Copyright(c) YAMADA CHILDREN'S CLINIC, All Rights Reserved.